2020年から評判を高めているスマホを使った副業の1つがチャットレディーです。
チャットレディーの仕事はスマホがあればすきま時間にできるものであり、特にコロナウィルスによって外出自粛が一般的になり、広く知れ渡るようになりました。

ここでは、そんなチャットレディーとして働くために不可欠なプロフィールに載せる写真の撮り方、あるいは掲示板などに投稿するための上手な撮影方法について紹介していきます。男性はプロフィールや写真などからどのような女性か判断しますので、写真はとても大切です。

写真を撮る場合、自分の後ろに何があるか確認しましょう。
例えば、どれだけ美人であっても後ろでは襖が開いていて、その中の様子が見えてしまうと生活感が出てしまうため、その写真の魅力がなくなってしまいます。
きれいに見える家具等であったとしても、生活感が写真に入り込んでしまうと魅力が半減してしまいますから、自分の後ろに何が写っているのかきちんと認識しておきましょう。できれば壁が良いです。

加工しすぎないようにしましょう。例えば、顔にほくろやアザがあるなら、それは隠しておいた方がいいです。

スタンプを貼るなり、ニキビ修正アプリなどを利用するなりしてうまく隠しましょう。フィルターはかけても構いません。
フィルターをかけることでイメージが変わるので、フィルターはうまく利用すると良いでしょう。フィルターを使うと肌がきれいに見えるメリットもあります。
しかし、例えば「顎を細くする」などの加工はやりすぎると不自然になり、「加工している」とバレバレです。
そうなると魅力が一気になくなってしまいますから、加工はしすぎないようにしましょう。
また、スタンプで隠すにしても、写真の半分以上がスタンプで隠れるようなやり方は避けましょう。スタンプを使うならごく1部にスタンプを使う方が魅力的です。

もしも洋服を着たまま写真を撮影するのであれば、普段着ないような洋服を使いましょう。普段着ている洋服の場合、身バレの可能性が高まってしまいます。

確かに誰かが同じ洋服を着ている事は充分あり得るのですが、同じ洋服の場合は知り合いが見たときにばれてしまうリスクがありますので、できれば普段着ないような洋服を使って写真を撮影した方が安心です。

もしもコスプレの衣装等があるなら、それらを利用しても良いですね。ただ、やはり同じ洋服の写真ばかりでは男性が見ても面白くないですので、適度に違う洋服に変えることがポイントです。