副業を始めようと考えているのであればまずいくつか確認しなければならないことがあるでしょう。
一つは、副業であるわけですから、本業もあるのが前提です。フリーランスなどで働いているというのであれば特に気にすることではないですがサラリーマンなどですと従業員の規則として副業が禁止されている、ということがあります。

ですからまずそもそも自分が行っても良いのかということがあります。
会社にばれなければ良いのではないかということがあるわけですが、法律違反ということではありませんから、法的に悪いことというわけではないですが、一応会社の規則としては禁止されていることになりますので、推奨はできないですがばれないようにするやり方がないわけではないです。

どうして副業が会社にばれてしまうのかと言いますと一つとしては口が軽いということがあります。それなりに設けていたりしますと口が軽くなるという人がいるのでそれを注意するようにしましょう。

ちょっとした副収入があるなんてことを言ったりしますが色々と問題が出てくることがあるわけです。
これは個人でどうにか対処できたり、あるいはそもそも話さないように頑張るというだけでどうにかできるわけですが、それよりもばれやすいのは税金を納める時です。サラリーマンですから源泉徴収をしてくれることになりますので会社が全て申告などをしてくれることになります。

しかし、副業で収入がありますとそうもいかないということになりますので、そこで発覚してしまうということです。では、どうすれば良いのかと言いますと利益を20万円以下に抑えるというやり方で税金の申告をそのものをしなくていいという状況にすることができます。

そういうやり方があるのは間違いないのですが、実際問題として儲けることができるのであれば20万円なんて押さえないでもっと稼ぎたいとなるのがある意味、人の性みたいなものですから多少難しいことではあります。

ですが20万円以下であれば申告しなくていいということは理解しておいた方が良いでしょう。ざっと1ヶ月で2万円いかない程度の利益の副業であれば、申告が必要なくなるということになりますので、サラリーマンで副業が禁止されている場合には、その位を目安にできるようなことを探すということでうまく副業を続けていくということができるようになります。
20万円以下に押さえる、というよりはまずは20万円を目指して見る、という形でやってみるとよいでしょう。