IT時代に適したネットビジネスの代表は広告収入

ネットビジネスの代表は今では広告収入といってもいいでしょう。
最近のIT時代の広告費用というのは、インターネットを利用した広告費(媒体費用やそのための制作費など)は大きく増加していっるとされ、一方、他のメディアを遥かに凌ぐものとされているのです。 それらを示すようにテレビや新聞という既成のメディアの状態というのはいずれも伸び悩んで減少しているとされています。

例えば、テレビのCMや新聞・雑誌広告などの広告にしても、「詳しくはウェブにて」とか「○○を検索してください」などと付け加えることで、ネットやアプリの検索、利用を促すものが増えたことが理由として挙げられます。
特に最近では、自前のサイトである文作サイト(ホームパージやブログ)から次第にyoutubeのような動画や画像に広告を貼り付けて莫大な収入を得ている人達も大勢いるようです。

そういったサイトに広告を貼り付けて収入を得る方法に、広告をクリックする方式がありこれをPPC広告といいます。
 「PPC」とは、Pay per clickの略字で、直訳すると“クリックする度に費用が掛かる“という意味になります。 Webサイトの張った広告は、それ自体は表紙だけで何の意味ももちませんが、しかしこの広告をリックし、リンクして広告の内様や具体的項目に誘導する事をPPC広告といって、この行為自体が収入の源になるのです。

サイト運営者のWebサイトに広告を張ること事態は無料、若しくは極端に低料金であるが、サイトを開いて広告を見た場合、クライアントがその広告をクリックリンクして実際に中身を見ることによって、広告主は広告料をサイト運営者に支払う事になるのです。
つまり、この方式の広告をPPC 広告、(Pay per click)といって、 “クリックする度に費用が掛かる”ということなんです。

ただ、広告というのはサイト運営者自体が貼り付けることはできません、そこには広告主との仲介者が有って、この業者が運営者のサイトに広告を貼るようになるのです。
従って、広告費用の流れというのは、先ず広告主が仲介者に支払い、次の仲介者がサイト運営者に支払うという手順になるのです。 この仲介者というのは代表的な業者に例えばグーグル(アドセンス)という有名企業があります。

ここで、広告主や仲介者、そして運営者は、いかにして多くの閲覧者にこの広告を見てもらうか、この広告にいかに興味を引かせるかは、広告の中身も大事であるが、サイト自体の出来栄えやいかにアクセスを増やすかは大事なポイントになります。 

このPPC広告というのは、通常の広告のように元手資金はかかりません。 その特徴は、クリックの時だけ課金が発生し、クリックがない場合はお互いに課金は発生しないからです。 つまり、クリック単価×クリック数=広告料金ということになり、お互いにクリック単価をしっかり管理しなければなりません。

ついでながら、このPPC広告のクリック単価ですが、広告の内容によって大きく異なりますが、安いものは一回のクリックで数円のものから、高度な専門的で世の中の役に立つ情報を持つ広告は、一回のクリックで数百円から1000円前後もするようなタイプも有るのです。

SNSでもご購読できます。