副業を始めるならプログラミングとYouTubeはどちらがおすすめ?

ネットの副業を探している方も多いかと思います。
そんなネットの副業ですが、今回はプログラミングとYouTubeを比較し、それぞれのメリットについて解説していきたいと思います。

まず、プログラミングの副業のメリットからです。
まず、プログラミングの副業は、安定的に稼げるのが特徴的ですよね。
プログラミングの副業はいくつか種類があり、主に、WEB制作とアプリ開発がネットでできる副業なのかと思います。
そのどちらにおいても、安定的な収入が見込めます。

しかしながら、プログラミングの副業はいきなり稼げるというわけではなく、勉強するための期間が必要ですよね。
副業で勉強するのであれば、3ヶ月~半年。あるいはそれ以上かかる可能性もあるでしょう。

次に、YouTubeの副業のメリットですね。
YouTubeの副業は、プログラミングほど安定はしていません。
しかしながら、不安定であるからこそ、伸びた時には飛躍的に収益が伸びます。

そして、一度伸びてしまえば、かなり安定するのも特徴的です。
YouTubeは、伸びないリスクこそありますが、伸びた時の爆発力はプログラミングよりも上で、副業であったとしても月収数百万も可能なほどです。
もう本業をやめてもいいくらいですよね。

では、どちらの副業がおすすめなのでしょうか?
プログラミングもYouTubeも、今とても流行しているものですよね。
プログラミングはプログラミングスクールが流行し、話題になっています。
YouTubeも、YouTuberという新たな職種が出てきたり、何億もYouTubeで稼ぐ人が出てきたりして、大きな話題になっています。

そして、その二つの共通点は、とにかく「今」始めるべきという事です。
この二つはどちらとも、時代の流れに乗っているという特徴があるからですね。

どちらが良いか悪いかという事ではなく、それぞれにメリットがあるという事を念頭に置いた上で、どんな人におすすめなのかを書いていきます。

まず、プログラミングは、安定した収入がほしい人におすすめです。
一度技術を身につけてさえしまえば、プログラミングは比較的安定的に稼ぐ事が出来ます。
具体的には、副業であれば月10万~20万ほどは現実的に稼げる額になってくるでしょう。
仕事終わりに少しやるのと、後は休日に半分くらいやる事によって、これくらいの金額は稼げるのではないかなと思います。

一方で、YouTubeは「高い収入が欲しい人」におすすめです。
プログラミングほど安定感はないものの、高い副収入が欲しいという方は、ぜひYouTubeをやってみてほしいと思います。

このどちらも「今始める」というのが大切です。よくわからない場合は、とりあえず行動してみてほしいと思います。

SNSでもご購読できます。